お手入れ・お直し・お仕立て直し

着物はお手入れやお直し次第で永く着ることができます。
イチコクヤは着る人の想いを受け止め、着る人の気持ちになって、一番良い方法をご提案いたします。
イチコクヤのお手入れ・お直しは、イチコクヤが厳選をしてお願いをしている方々の、きもの専門の職人集団による手仕事です。
お手入れやお直しをしたい着物や帯などの品物をお持ちになってご来店ください。ご来店の難しい方は、まずはメールにてご連絡くださいませ。


お手入れ


丸洗い・手アイロン仕上げ

着物のドライクリーニングです。ドライと手アイロンの前にはきもの職人による念入りな下準備が必要です。専用の大きな台に着物を広げて手アイロンでの仕上げを行います。着物、帯、襦袢、羽織、コート、袴、七五三、帯締め、帯揚げなど承ります。


染み抜き

きもの専門の職人がしみ抜きをします。
着物にシミがついてしまった場合は生地を擦ったりせず、そのままにして、できるだけ早くお持ちになってご相談ください。
落ちないシミはイチコクヤのリフォーム技術を生かして隠すこともできます。


カビ取り・汗取り・におい取り

丸洗いとご一緒にお薦めしております。タンスの中に長らく保管した着物は状態によってはカビが発生していることがあります。表地や裏地の変色やカビ特有の匂いで確認できます。カビが広がる前の早めの対応がお勧めです。
汗をかかれた時には、少しでも長く着物をお使いいただけるように、汗とり加工をお勧めします。着物の匂いが気になる時には匂い取り加工も承ります。



お直し


寸法直し、穴ふさぎ、ほつれ直し

裄(肩幅・袖幅)・袖丈の詰めやのばし、着物を解かずに部分的なお直しを承ります。裄や袖丈を出した時に元々の折り山の内側と地色が変わっている場合には、地直しが必要な場合もあります。
着物の表地に穴が空いてしまったものや、袖付けのほつれ、など承ります。
着物、襦袢、羽織、コート、帯など承ります。


「ぎをん仕立て」イチコクヤ流二部式帯

袋帯、名古屋帯を二部式の帯にお直し承ります。
イチコクヤ流の工夫がしてあり「ぎをん仕立て」と命名しております。



お仕立て直し


解き・洗い張り

仕立て上がった着物をほどきます。着物は身頃2枚、衽(おくみ)2枚、袖2枚、地衿1枚、掛け衿1枚の8つのパーツからできています。ときおわった着物を端縫うと元の反物に戻ります。
専門の職人が端縫った着物地を水の中へ入れ、専用の洗剤を使って刷毛などで洗います。その後、生地に腰を持たせるために糊をつけます。この作業を洗い張りといいます。洗い張りは生地そのものを丁寧に洗うので、着物の丸洗いよりもきれいになります。
長らく着た着物にくたびれ感がある時や、ご自分の寸法に仕立て直したい時にお勧めです。
袷の着物のお仕立て直しは、裏地の胴裏・八掛も一緒に解いて洗い張りをします。


お仕立て

専門の和裁士が手作業でお仕立ていたします。ご新調の着物、仕立て直しの着物を承ります。


くりまわし

着物の特長を生かして生地をやりくりすることで、もう一度着られるようにします。長年の経験を持つ専門店ならではの技術です。
●紬はお仕立て直しの際に生地の表と裏を入れ替える
●掛け衿の長年の汚れを完全に取ることができない時には地衿の一部と掛け衿を交換する
●着物の丈が足りず生地がない場合は、おはしょりの部分に別布を足す
など多様の方法がございます。



リフォーム

寸法が合わない、落ちないシミやカビ跡がある、色柄が派手になった、着物にくたびれ感がある、もう着られないとあきらめている着物がある。
着物は修理修復が可能で、もう一度着られるようにできている、とてもエコな衣装です。
専門店ならではの経験をふんだんに生かしてリフォームいたします。着物や帯が生まれ変わります。
イチコクヤの前身は染物業でした。きものリフォームは染物や仕立ての現場知識と呉服店の接遇の両方が必要と考えております。
昔より京都ではきもの総合プロデューサーを悉皆師(しっかいし)と呼んでいますが、イチコクヤは現代の悉皆業でもあります。
着物、帯、襦袢、羽織、コートなど、承ります。
染め抜き紋、刺繍紋、加賀紋などの紋加工、紋の入れ替え、「パールトーン」やガード加工などの防水加工も承ります。


お染め替え

派手になって着られなくなった小紋や色無地は、着物を解いて脱色して白生地に戻してから、別色の色無地や別柄の小紋へ染め替えて、お仕立て直しをします。豊富な見本の中からお客様にお似合いの色や柄をご提案します。完全に色が抜けない着物もありますので、着物に見合ったご提案をいたします。

柄足し・彩色加工

シミや汚れなどが落とせない時は、模様を書き足すことでカモフラージュします。友禅、刺繍、金彩などの多用な方法をご提案いたします。
画像は染み抜きでは完全に落ちない箇所の上に、梅の模様を描き足しました。

地色掛け・目引き染め

生地を脱色せず、模様をそのまま残して元の地色に新たな色を重ねる加工です。
元の柄を生かして地色だけ色を重ねる地色掛け、模様も含めて全体に地色を掛ける目引き染め、ご相談ください。模様はそのままで着物が生まれ変わります。
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、江戸小紋、帯など承ります。
画像は赤色が目立って派手に感じられる江戸小紋に、薄い青色の目引き染めを施しました。

リフォーム、リメイク

丸帯を袋帯や名古屋帯など2本の帯に、着物を帯、羽織、コートなどへのリメイク、承ります。
リメイクの方法にイチコクヤならではの経験を生かしております。
画像はピンク色の道行コートが派手に感じられたので、解いて脱色、紫色に無地染めをして、以前よりも丈を長くして旅行コート(道中着)に仕立て直しました。裏地も新しい物に交換しました。

リフォームの例

【リフォーム例1】


Before

昔作ったピンク色の鮫小紋袷です。色が派手になり、できれば鮫小紋柄でないものを着たい。胴裏(裏地)がカビで黄変していて、体型が変わって寸法が合わず、もう着られないとあきらめています。

After

着物を解いて、表地と八掛を洗い脱色して、表地はお客様ご希望の色無地にお染め替え、八掛地も色無地と同色にお染め替えました。
お客様の最新寸法の袷着物へお仕立て直しをして、その際に胴裏は新しいものにしました。背中に縫い紋を1つお付けしました。
ご新調品同様にもう一度着ることができました。解いた胴裏はそのままお客様へお返ししました。

【リフォーム例2】


Before

お若い頃の訪問着です。柄がとてもお気に入りなのでそのまま残したいが特に模様の赤色が派手に感じる。今の寸法に仕立て直して欲しいとご相談いただきました。

After

着物を解いて洗い張り、模様はそのままに、地色を金茶色の色かけ染め、模様の赤を紫色に彩色加工。同時にお客様の最新寸法へお仕立て直し。落ち着いた感じにリフォームいたしました。

【リフォーム例3】


Before

お若い頃の訪問着です。柄がとてもお気に入りなのでそのまま残したいが全体的に派手に感じるので落ち着いた感じにしたい。加えて今の寸法に仕立て直して欲しいとご相談いただきました。

After

着物を解いて洗い張り、模様はそのままに、ベージュの地色へ小豆色の色かけ染め、模様の色は白・黄緑・緑の3色で彩色加工。お客様の最新寸法へお仕立て直し。落ち着いた感じにリフォームいたしました。